【告知】7/24 シンポジウム いま東アジアの 『平和の準備』をどう進めるか

 全国革新懇、日本原水協、日本平和委員会、安保破棄中央実行委員会による実行委員会が主催し、7月24日(水)、シンポジウム「いま東アジアの 『平和の準備』をどう進めるか」を開催します。会場は東京都千代田区の「明治大学 駿河台キャンパス内 グローバルホール」です。YouTubeの生配信も行います(下欄)。

 くらしを削る大軍拡、南西諸島での「軍事要塞化」などなど。岸田政権は、憲法を逸脱して「戦争準備」を急ピッチで進めながら、憲法の平和原則をいかした「平和の準備」は後景に追いやっています。そのことが、東アジアでの抑止力対抑止力の軍事的緊張を高めています。高まる軍事的緊張を緩和する「平和の枠組み」の実現を求め、迫っていくことは市民運動の緊急の課題になっています。シンポジウムで、どこから何を始めるのかの論議を深めます。多くの皆さんの参加をお待ちしております。

チラシのリンクはこちら シンポジウム「いま東アジアの『平和の準備』をどう進めるか」チラシ

動画配信はこちらから 

一覧へ

カテゴリー

都道府県