★2月号の「国連人権勧告を守らない日本への懸念」は国連の場における日本政府という、私が今まで知らなかった一面を教えてくれた。藤田さんのような方は貴重な存在だ。もっとさまざまな日本政府の側面を知らせてほしい。(鹿児島・屋久島町 65歳)

★2月号のインタビューに出ていらした香山リカさんが「9条を絶対変えないためには、3000万署名をやり抜くことしかないし、その目標もはっきりしている」ということを知り、その通りだと思いました。(山梨・甲府市 62歳)

★全国にたくさんの組織があり、金太郎飴の様相を呈しています。いまだに革新懇の必要性が理解できずにいます。もっとPRと説明をしてほしいです。(埼玉・越谷市 77歳)

★国民はしっかりとした考えをもって過去の戦争などに思いを馳せ、二度と戦のない平和な将来を残す。そのためには悪いことは悪い、良いことは良いとはっきりものを言うことが必要と思います。(福岡・宮若市 79歳)

★小林多喜二が虐殺された1933年2月、私はこの世に生を受けました。多喜二が命をかけてたたかった人間解放。節を曲げずに貫いた彼の短い生涯を思うとき、私は襟を正します。(埼玉・所沢市 85歳)

★スポーツの季節が到来しました。プロ野球のキャンプイン、オリンピック、3月にはセンバツ高校野球、プロ野球ペナントレース開幕…楽しみです。(大阪・茨木市 35歳)

★2月号登場の香山リカさんは若いころから注目していました。私たちの声を代弁してくれて頼りになる存在です。(滋賀・長浜市 64歳)

★国民の意見を聞く耳を全然もたない首相をはじめ政府の人たちをみていると怒りの毎日です。血圧が高くなり、医者の薬を飲み始め半年くらい経つのにいっこうに下がらない。医者は「心配ごとばかりや怒ってばかりいると下がらないよ」と。早く正常にしなくちゃと思うが、なかなか。(岐阜・羽島市 74歳)

★2月号1面の香山リカさんの思いに共感。平和主義者でない「朝生」のコメンテーターをなんと呼べばいいのか。好戦主義、人間破壊主義、嫌対話主義と考えたが、ビチっと当てはまる呼び名がない。(滋賀・長浜市 63歳)

★この頃奈良でも雪こそないものの、大変気温が低くおなかの調子が悪い。私の家ではいつもなら今頃香りのいい梅が、まだ固い固いつぼみ。今咲いているのは蝋梅です。香りがよいです。(奈良・大和郡山市 74歳)

★2月号ニュースの1面に香山リカさんが載っていたので、若い同僚に香山さんを紹介したところ、「香山さんて少し過激な感じがします」との返答でした。いろいろな見方があるのは当然だと思いますが、私は残念に思いました。いつの世も正論を誰よりも先に論ずる人は奇異な目で見られたり、考え方が歪められて伝わったり、正論が必ずしも受け入れられないことが多いのも現実です。でも、後悔しないように若い人たちと手をつなぎ、平和憲法についていっしょに考えていけるような世の中にしたいと思います。(神奈川・横浜市 62歳)

★「前大戦での戦死者のほとんどが大正生まれ」を実感している毎日である。敗戦の日に生まれた方が70歳を越え、「お年寄り」なのである。安倍首相も戦争を知らない。沖縄でアメリカ軍基地反対のたたかいを続けていた名護市長の落選はこのことを裏書きしている。大正生き残りは何をなすべきか。(北海道・小樽市 96歳)

★結成時から中区革新懇話会の代表世話人の一人として活動を続け、おととし代表を降りました。この2月19日~23日、市役所の西側にあるNTTドコモ中国支社を借りて、「第10回被爆樹木展」を開きます。9才上の叔母が被爆した長崎の山王神社楠2本から始めて、毎年数点展示してきました。今年は、広島城北濠の広島市立や陸軍幼年学校跡地の門柱、初任校だった広島市立幟町中学校のエノキ2本、四国五郎さんが弟の墓標という常盤橋、以上3点を説明付で展示。(広島市 86歳)

★「ひろば」にはご年配の方の投稿が多いように思います。青年の投稿があれば、若者は今の世の中をどう考え、どう生きようとしているかを理解することができるでしょう。世代継承の点からも考えたいものです。(鳥取・大山町 85歳)

★我が家の梅の花、もうすぐ開花。ぶんご梅。(埼玉・越谷市 75歳)

★「憲法は体の一部」「戦争ほど健康を害するものはない」「治安維持法と同じことを繰り返させては多喜二に申し訳ない」「9条は絶対に変えさせない、この一点の共同で3000万署名をやりぬき、安倍政権の終わりを一緒に見ましょうよ」と2月1面の香山リカさんのどのことばも力強く、自信をもってたたかいます。ありがとう。(大阪・八尾市 73歳)

★例えば、沖縄の米軍基地の問題でも「反対」といえば、「経済」をひけらかし、むしろ脅されるようなありさま。特に若い人たちはその傾向があるのでは。(岡山・和気町 90歳)

★旭川では梅の木は見られませんが、埼玉に住んでいたころは近くに白梅がありました。花だけでなく、その香りを楽しんだものです。(北海道・旭川市 77歳)

★一人ではなかなか足が進まない3000万署名。短時間ですが、年配の方がたのがんばりに押されて42才の友人と二人で6軒訪問しました。(兵庫・加古川市 61歳)

★平昌五輪での南北朝鮮の統一旗に感激しました。東アジアの平和への貢献の第一歩と受け止めました。その一方で、これを素直に歓迎しない空気をつくりだそうとしている動きに危険を感じます。あえて対立を望む先に何があるのでしょうか。日本政府は五輪を機会に対話の道への努力を尽くしてほしいと思います。(三重・津市 86歳)

★戦争法反対2000万署名のときの方が対話もでき、署名もいただけた。今回は3000万と目標は高いが、署名に歩くと「難しい話はわからん」「うちは結構です」と断られる家が多い。せめて読んでもらえるビラでも持参すべきだったと毎回悪戦苦闘している最中です。(滋賀・湖南市 63歳)

★3000万署名の目標達成のため、毎日コツコツと近所の団地を歩いています。(大阪・泉大津市 75歳)

★2月号4面、藤田早苗さんの国連人権勧告を守らない日本政府の態度についてのお話は、同感です。気に入らないものは無視、抵抗して抗議するというのは安倍首相の手法そのものだと思います。基本的人権を保障する憲法をもっている日本として日本の常識は世界の非常識といわれる事態はただちに改めるべきだと思います。(北海道・標茶町 70歳)

★原発再稼働の推進と核兵器禁止条約にサインしない安倍政権の異常なまでの財界奉仕に毎日怒っています。(大阪・富田林市 66歳)

★3000万署名を会社の門前で宣伝しながら集めています。労働者に安倍改憲の内容を知ってもらうよう努力しています。(神奈川・川崎市 67歳)

★近くには、梅の名所「月ヶ瀬」がありますが、この寒さでは月夜のお散歩はとても無理でしょう。今年は梅が散ってしまわない時期に桜が咲き始めるのではないかと想像しています。(奈良市 78歳)

★名護の選挙戦は無念だが、「争点そらし」に敗因を求めることは大きな意味で妥当とは思えません。実生活の中にこそ、秘められている市民大衆の無尽蔵の力を引き出さないと。「経済」「財政」の語り部を「平和」の語り部に見合うだけ無数に育てていかないと。さしずめ400兆の内部留保などをモリカケ問題なみの世論に。(長野・岡谷市 70歳)

★2月号1面の香山リカさんの文章には励まされました。香山さんのような一人ひとりのがんばりがやがて大きなうねりとなり、改憲阻止の力になる、と信じたい。私も一人の人間として力いっぱい「9条守れ」、「戦争反対」と訴え続けたい。(大阪・八尾市 62歳)

★2月号の香山リカさんの「9条を絶対に変えさせない」に大賛成です。新憲法で戦争放棄―私は旧制高女でしたが、心からうれしく明るい気持ちになりました。(長野市 86歳)

★2月号1面の香山リカさんの発言に励まされました。特に「改憲派が3分の2の議席を占めていても、もう遅い負けたなどと私は決して思いません。何度立ち上がればいいのかではなく、『今』立ち上がることに大きな意味があるのです」というところです。たくさんの人たちが「改憲NO!」と言おうとしている、国会の議席数では決まらない。市民が声を上げ、立ち上がるときなのだと私も思います。(大阪狭山市 69歳)

★名護市長選は残念な結果に終わったが、これでおしまいということではないと思う。今後の取り組みが大事だと思う。(三重・鈴鹿市 74歳)

★「全国革新懇ニュース」の購読を2年延長しました。ニュースで最も楽しみなのは1面インタビュー。2月号も期待どおりです。香山リカさんの「改憲派が3分の2の議席を占めていても、もう遅い、負けたなどと決して思いません」この力強い思いに思わず「そうだ!」とつぶやく。さらに「芸能関係者の中にも、財界に人たちも改憲の動きに『反対・うんざり』という思いはうごめいている。そして『今』立ち上がることに意味がある」。「そうだ!」(埼玉・川口市 67歳)

★暦の上では立春を迎えたが、今年は厳しい寒さが続いている。インフレエンザが猛威をふるい、学級、学年閉鎖の学校もある。お互い体調に気をつけ、「安倍9条改憲を許すな」の活動や「市民と野党の共闘」に努力したいと思います。(長崎市 78歳)

★2月号の香山リカさんのインタビューの中の「何度立ち上がればいいのか、ではなく『今』立ち上がることに大きな意味がある」ということばにハッとしました。やはり「負けた感」が皆の中にあると思うのです。だからまた署名を集めることに腰が上がらないというのが本音でだと思います(私だけ?)。そんな私を少しやる気にさせてくれました。ありがとう。(静岡・沼津市 60歳)

★蝋梅の香りはなんともいえない存在感があり、闇夜でもどこに咲いているかわかります。もうそろそろ終わりかけています。(徳島・藍住町 75歳)

★短歌―柔らかな春の陽射しに誘われて鶯梅に止まりて鳴きぬ(静岡・磐田市)

★「全国革新懇ニュース」は友人にすすめられて購読、10年以上過ぎたと思います。友人の顔を思い浮かべながら読んでいます。(埼玉・越谷市 73歳)

★先日の名護市長選でも若い世代で自公の推す候補者に投票した人の割合が高かったようだ。SNSも含めた「デマ宣伝」を信じる人、信じたい人が増えているように思う(若い世代だけではなく)。しかし自分が思っていることもどこまで本当に真実といえるのかとも思う、今日この頃。以前の革新懇ニュースをめくっていて2017年10月号1面の津田大介さんのインタビューを再読。「ひとりひとりが意識してフィルターバブルの壁を打ち破る」←心しよう。(大分市 58歳)

★名護市長選は残念でした。地元の人たちは精いっぱいがんばったものと思います。しかし、私の心には今までの実績から緩みがあり、大丈夫だろうとなんの根拠もなく思っていました。反省しています。(山梨・甲州市 73歳)

★名護市長選支援ボランティアから帰った翌日、86歳の誕生日でした。あきらめない不屈の魂を持ち帰りました。前回同様、11月の県知事選にも馳せ参じます。「命どぅ宝」を肝に銘じて。(佐賀・武雄市 86歳)

★3000万署名を私の職場でも推進体制をとって取り組んでいます。地域の革新懇の結成15周年の記念行事に東京新聞の望月衣塑子記者が来てくださることになり、お話を聞けるのを楽しみにしています。(宮城・多賀城市 55歳)

★1面インタビュー、いつも楽しみにしています。今回、小林多喜二を授業で必ず習うという香山リカさんのお話にびっくりしました。(滋賀・彦根市 62歳)

★米軍機事故で「それで何人死んだんだ」と暴言野次を飛ばした松本内閣副大臣。日本が戦争に巻き込まれたり、自衛隊が海外で戦争に参加すれば、「○○地方で民間人10人死亡」「自衛隊員が派遣先で25人全員戦死」など、戦闘の場での「人数のみの報道になる」。こんなことが日常化し、人間ひとりひとりの命が軽く扱われる報道を予感させる、末恐ろしい「野次」でした。戦争推進議員を落選させる世論を大きな声にしたい。(名古屋市 68歳)

★「全国革新懇ニュース」2月号を読んで、香山リカさんの言葉に励まされました。私はラジオを聞きながら家事をしています。ラジオから「香山リカの心の美容液」が流れてくるのを楽しみにしています。香山リカさんがどういう思いで「市民アクション」よびかけ人となり、がんばっているのだろうと思っている時に2月号ニュース。明快に理解することができました。社会科の先生が戦争の体験から平和と憲法の大切さを繰り返しお話された事がベースにあるのですね。そして人の命を守る仕事をしている人間として戦争に反対しておられるのだということ。私も学生時代に「傷ついた兵士を看るよりも戦争のない平和な日本」をテーマに自治会活動を行ってきました。従軍看護師は「生体実験」に手を貸さざるを得ない人もいたと聞きます。「何度立ち上がればいいのか、ではなく『今』立ち上がることの、そしてうんざりされても9条の大切さを語り続けること」を胸に刻みました。(長野・青木村 64歳)

★「市民」=「公民」=「国政に参与する地位にある国民」(広辞苑)との認識が日本でも常識にならないと行政区画上の「町村民、区民」などは「市民」ではないと思っている恐れがあります。(山口・周防大島町 89歳)

★2月号掲載の町田革新懇総会で、確田のぼる氏が「石川啄木 今につながるまなざし」で啄木の短歌『新しき明日の来るのを信ずといふ・・』を紹介し、「啄木の明日に伝える声が聞こえるようです。 明日を生きるためには今日を生きなければならない」と話されてことに、胸を強く打たれました。 沖縄の名護市長選の敗退はすごく残念!捲土重来を果たさなければと気持ちを新たにしました。(宮城・仙台市 85歳)

★2月の北陸特に福井県の豪雪による車の立ち往生にテレビに釘付け、恐怖を覚えました。「備えあれば憂いなし」に立ち返って災害対策の再検討が要るのでは。(大阪・豊中市 81歳)

★先日、佐賀で民家に落ちたヘリコプターは戦闘用ヘリでアパッチと呼ばれるもの。なぜ、戦争をしないこの日本に戦闘用のものがあるのか。戦車にしても潜水艦にしても、空母にしても永久に使われる可能性がないものをアメリカから購入している。日本に駐留している米兵が日本人を助けた数より、犠牲になった数の方が多いのではないか。使うあてのない武器より、毎年起きる自然災害から人を救助する重機を開発するのに使われる費用なら誰も文句は言わない。(愛知・春日井市)

★2月号で香山リカさんが紹介なさる姜尚中さんの言葉「平和主義っていまや侮蔑語になってしまったんですね」は、するどい警鐘ですね。(京都・宇治市 86歳)

★2月号の革新懇インタビューに登場の香山リカさんのお話は、明るく展望のある内容でした。安倍9条改憲NO!3000万署名の取り組みに元気がでました。(宮崎市 76歳)

★高等学校に勤務しています。3年生の学年集会で、今年度定年退職の教員お二人の講話のあと、学年主任の計らいで生徒から赤いちゃんちゃんこが手渡され、その方がたの周りで円陣を組みました。良い職場に良い人たち…幸せです。(愛知・小牧市 54歳)

★名護市長選挙は沖縄県民だけでなく、日本国民にとっても重大な選挙。何としても稲嶺さんを勝利させたい。(岐阜・池田町 57歳)

★「オール沖縄」で取り組む辺野古新基地は自分の問題。米軍新基地建設を阻止し、将来の世代のことを思うと米軍基地がない方がいい。オスプレイが配備されて当たり前のように頭上を飛び交う危険が心配です。名護市長選は絶対負けられない。(神奈川・茅ヶ崎市 74歳)

★昨秋の衆議院選挙は「前原・小池の乱」によりまたぞろ与党に3分の2を与えてしまうことになり極めて残念です。来年の参議院選挙では市民と野党の共闘でなんとしても勝利を勝ち取りたいものです。(滋賀・長浜市 73歳)

一覧へ